【Review】大盛況!構造体験会のお客様の声、ご紹介します!

中四国最速!PlusMeモデルハウスの構造体験会を開催しました!

PlusMeは耐震性、断熱性、使いやすい間取りなど、住まいにとってなくてはならないことはもちろん 「気持ちがいい」というのも大切な機能のひとつと考え、それらすべての機能をできるかぎり完璧にした最高の住宅を目指しています。

先日、PlusMe広島では、建築中のモデルハウス(この夏公開予定)をいち早くご案内するとともに、今だから見て触れることのできる「構造体験会」イベントを4日間限定で開催いたしました。

完成すると隠れてしまう部分も、しっかり体験できるので勉強になりました!

構造はもちろん、住まいづくりや土地探しについてもスタッフが丁寧にお話ししました(6月15日撮影)

構造体験会は気温が30℃近く暑い日でしたが、ご来場いただいたお客さまからは
外より建物の中のほうが涼しいですね』、『断熱材ってこんなにしっかり充填されてるんですね』といった建物の性能についてや
PlusMeのデザインってかっこいいですね』『天井が高いって気持ちいいですね』など、デザインについても大変好評いただきました。

9月上旬には完成見学会も開催予定です!

残念ながらご予約がいっぱいで構造体験会にご参加いただけなかった方や、PlusMeのモデルハウスを見てみたい!という方にも、ぴったりの機会となりますので、ぜひお越しください!

イベント概要(現在、こちらのイベントは受付を終了致しております。)

■ 開催日時 2024年6月15(土)16(日)/ 22日(土)、23(日) 10時~16時
■ 場所 広島市佐伯区石内北3丁目(セントラルシティこころ内) >>Googleマップ
■ 駐車場 無料(ご予約の方優先)
■ TEL 0120-185-001

事前ご予約&ご来場特典

建設中の今だけ! 構造体感ポイント

PlusMeが採用しているのは、天然木質繊維系断熱材の「セルロースファイバー」。断熱性はもちろん、防火性能や遮音性が高いのも特徴です。その遮音性は映画館やカラオケで防音材として使われるほど。
構造体験会では、実験装置を用いてどれくらいの遮音性があるのかを体感いただけます。

PlusMeが間取りを考えるときの原点は”構造”です。ビルを建てるときを同じように上下階の柱がそろっている、柱直下率を重視しています。
この2日間のイベント中は、建築中のモデルハウスの構造躯体を実際に見学いただけます。

限られた敷地の中、居心地のよい住宅について平面(㎡)ではなく立体(m3)で考えた時、たどり着いた答えの一つが天井高でした。その高さは2.9メートル。木造住宅の一般的な天井高2.4mですが、それより50cmも高くし、しかもLDKに標準採用。
天井が高くなることで床面積の広さだけでは生まれない空間に訪れた人は2度驚くことになるでしょう。戸建てだからできる解放感天井高2.9メートルのスケール感をぜひこの機会に体感ください。

強い構造のヒミツを体感!  PlusMe×東京大学コラボイベント

積み木やストローなど身近なもので建物の構造をヒミツを体感できる、大人もお子様も楽しんでいただけるイベントです。来場いただいた方はどなたでも参加いただけます。

古代ローマの知恵 アーチ橋をつくてみよう!

ローマ時代ではレンガや石材を用いて、建物や橋など大きな建築物を作ってきました。現代のようにコンクリートや鉄筋がなかった時代に、どうやってレンガや石材だけで強靭な建築物がつくれたのでしょう?
建物にかかる重さや力を分散したり組み合わせるローマの知恵とヒミツを積み木をつかって体験してみよう。

建物をゆがませない 筋交い(すじかい)の役割を体感しよう!

建物を柱だけでつくると、力が加わったときに歪んでしまいます。これを防ぐのが筋交い(すじかい)です。筋交いがあるとないとでは大違い!
建物の構造のヒミツをストローをつかって解き明かします。これを知れば、構造の知見がワンランクアップ!構造の面白さを体験いただけます。

イベント会場 モデルハウス建設地

場所: 広島市佐伯区石内北3丁目 (セントラルシティこころ)